Posts tagged ‘epub’

WebサイトにEPUB 3を表示する

Written 6月 21st, 2013

スクリーンショット 2013-06-21 12.33.36昨日、WebブラウザーでEPUB 3を表示し、エンベッドできるBiB/i(ビビ)が公開されたので、早速Gene Mapperの無料プレビューもBiB/iに切り替えることにした。

iBookstore用に作成したPreview用のEPUBがそのまま表示できているのはちょっと感動的だ。

EPUBはAmazonのKindle Direct PublishingiBookstore、そしてKobo Writing Lifeなど、セルフ・パブリッシングを持つ多くのチャネルで利用されている最もメジャーなフォーマットだ。

プロプライエイトなビュワーとビルダーしかないが“オープン”なXMDFというフォーマットもあるらしいのだが、個人出版人にはほとんど関係がない。

EPUBはWebブラウザーに親和性の高いHTMLやCSSを用いているため、多くのEPUBリーダー(電子書籍リーダー)やアプリはWebKitに代表されるWebブラウザーエンジンを用いて表示している。だが、このファイルをWebサイトに埋め込むのが難しかった。

特にEPUB 3で拡張された日本語の縦書きを表現するには、iOSやAndroidで動作しないAdobe AIRを用いたAIR草紙がほぼ唯一の方法だった。

Webサイトへのエンベッドを用いた「立ち読み」は、知名度と信頼度において大きくメジャー出版社から水をあけられている個人出版人にとって、とても重要なプロモーション手段だ。KindleやiBookstore、Koboなどのチャネルでも「サンプル」のダウンロードで「立ち読み」に相当するプロモーションはできるものの、それはチャネルが用意した購買動線の支流のひとつでしかない。

この状況がBiB/iで変わる。

JavascriptベースのBiB/iはPHPなどのサーバーサイドプログラムを一切必要とせず、Webサーバーのディレクトリにフォルダを配置するだけで利用できるし、ローカルでも動作確認することが出来る。そんな現代的な設計が素晴らしい。

表現力も十分だ。WebKitを用いるChromeとSafari(そしてOpera)ならば、EPUB 3を多くの電子書籍リーダーと同程度のレイアウトで表現することができるだろう。

BiB/iは修正MITライセンスであるため、著作者表記を適正に行えば改変したプログラムを再配布しても、自分のサービスに組み込むこともできる。Githubのレポジトリももちろん用意されている。

開発してくれた松島智さんに感謝!

「基因設計師」販売開始

Written 11月 15th, 2012

自己出版による電子書籍「Gene Mapper」の繁體中文版「基因設計師」をAmazonのKindleストアで販売開始しました。

翻訳は神楽坂 雯麗さんへ依頼し、Bobbyさんの協力の下で縦書きのEPUB 3制作を実施していただきました。まだ整備が充分でない中国語、繁体中文版の縦書き制作には様々な問題があったようです。機会を見て、お伝えしたいと考えています。「基因設計師」は、中国語を読む能力がないことが残念ではありますが、全てのパートを憶えている著者にとっては、眺めているだけでとても楽しい書籍となりました。

近年の自己出版(セルフ・パブリッシング)は様々なことを可能にしてくれました。なんといっても、誰も知らなかった、新人作家ですらなかった私が初めて書いた小説を「本」に擬した電子書籍というパッケージで多くの方々の手元へ届けることができたことは大きな喜びです。

そして、電子書籍の販売を通して得た原資で、言語の壁を越える挑戦が可能になりました。「基因設計師」は翻訳者の理解もあり、出版権を私が保有しています。小説の原著をしたためた作家が外国語版の原版を持ち、海外へ出版できるという希有な機会を楽しませていただいています。

応援してくれた皆様、ありがとうございます。

「基因設計師」はAmazon.comでも販売し、近日中にiTunes iBooks Store、そして公式サイトでも販売開始します。中国語話者のご友人へ、是非ともご紹介ください。

Gene MapperはiBooks 3に対応

Written 10月 24th, 2012

Gene Mapperを3.6版とし、iBooks 3の日本語縦書きに対応させた。出来映えは、購入された方にはお手数だが再ダウンロードしていただくとして、まだ購入されていない方、iBooks 3が手に取れない方は、下のiPadでのスクリーンショットをご覧いただきたい。

現時点で、最も「美しい」縦書きの電子書籍ビュワーだと私は評価している。iOSに搭載されているWebKitとほぼ同じであることを考えると、今後のWebビューワーなどの発展が待ち遠しくて仕方がない。

「美しい」と括弧で囲ったのは、いくつか問題がないわけではないためだ。段落先頭の行にルビがあるときにアキができてしまうこと、縦中横で回転させる文字グループが1emのサイズを超えると回転しないこと、デフォルトの禁則ルールが今ひとつ物足りないこと……このようにKobo touchにも劣る部分がある。だが、Retinaディスプレイでの美しい表示はそんな細かい組版の約束事がどれほどのものか、と思わせるに充分な出来映えだ。

Gene Mapperを一度読了された方も、是非、再読していただきたい。iBooksは、そう思わせるだけのビュワーとなった。あとは、iBooks Storeのオープンを待つだけだ。

Kindle Paperwhiteが縦書き対応!

Written 10月 4th, 2012

電子書籍のサービスとしてもリーダー端末としても注目され続けている「Kindle」ですが、先日発表されたKindle Paperwhiteが日本語の縦書きをサポートしていることが判明しました。

Kindleの縦書きサポートについては、過去にもレポートしていますが、Kindle Paperwhiteの実機で映し出されている写真が出てきたことが、また楽しみですね。

ちなみに、この縦書きGene Mapperは既にAmazon.comで販売しています。KF8の縦書きをKindle Bookstoreで販売しているのはひょっとしたら世界初かな?

Kindle Previewerを見る限り、Kindle Paperwhiteの文字組版はレイアウトにCSSを用いるEPUB系の中ではKobo touchを凌ぐ出来であることが予想できます。高解像度も相まってPaoerwhiteには大きな期待ができそう。

また、既に本家Kindle Storeの検索インデックスは日本側へ行き渡っているようで、Amazon.co.jpで「Gene Ma」と入力するとgene mapperが検索対象として表示されるようになっています。日経新聞が正しいかどうかはともかくとして、上陸の日は近そうです。楽しみですね。

そうそう、楽しみというとKindleのタブレット「Kindle Fire」もやってくるかもしれません。

Amazon、日本向けアプリの配信用ポータルサイトをオープン

個人的には3Gの使えない板なんかに用はないのですが、本国と同じ価格でやってくるとNexus 7とタメをはるデバイスになりそうです。スマート・タブレットとして使わなくてもカラーの雑誌などを楽しむのにはいい環境になることでしょう。

© 2012 - Taiyo Lab/Taiyo Fujii, 当サイトについて
Wordpress Themes
Performance Optimization WordPress Plugins by W3 EDGE
Scroll to Top