WebサイトにEPUB 3を表示する

スクリーンショット 2013-06-21 12.33.36昨日、WebブラウザーでEPUB 3を表示し、エンベッドできるBiB/i(ビビ)が公開されたので、早速Gene Mapperの無料プレビューもBiB/iに切り替えることにした。

iBookstore用に作成したPreview用のEPUBがそのまま表示できているのはちょっと感動的だ。

EPUBはAmazonのKindle Direct PublishingiBookstore、そしてKobo Writing Lifeなど、セルフ・パブリッシングを持つ多くのチャネルで利用されている最もメジャーなフォーマットだ。

プロプライエイトなビュワーとビルダーしかないが“オープン”なXMDFというフォーマットもあるらしいのだが、個人出版人にはほとんど関係がない。

EPUBはWebブラウザーに親和性の高いHTMLやCSSを用いているため、多くのEPUBリーダー(電子書籍リーダー)やアプリはWebKitに代表されるWebブラウザーエンジンを用いて表示している。だが、このファイルをWebサイトに埋め込むのが難しかった。

特にEPUB 3で拡張された日本語の縦書きを表現するには、iOSやAndroidで動作しないAdobe AIRを用いたAIR草紙がほぼ唯一の方法だった。

Webサイトへのエンベッドを用いた「立ち読み」は、知名度と信頼度において大きくメジャー出版社から水をあけられている個人出版人にとって、とても重要なプロモーション手段だ。KindleやiBookstore、Koboなどのチャネルでも「サンプル」のダウンロードで「立ち読み」に相当するプロモーションはできるものの、それはチャネルが用意した購買動線の支流のひとつでしかない。

この状況がBiB/iで変わる。

JavascriptベースのBiB/iはPHPなどのサーバーサイドプログラムを一切必要とせず、Webサーバーのディレクトリにフォルダを配置するだけで利用できるし、ローカルでも動作確認することが出来る。そんな現代的な設計が素晴らしい。

表現力も十分だ。WebKitを用いるChromeとSafari(そしてOpera)ならば、EPUB 3を多くの電子書籍リーダーと同程度のレイアウトで表現することができるだろう。

BiB/iは修正MITライセンスであるため、著作者表記を適正に行えば改変したプログラムを再配布しても、自分のサービスに組み込むこともできる。Githubのレポジトリももちろん用意されている。

開発してくれた松島智さんに感謝!

サイン会とトークショウを行います

party『Gene Mapper -full build-』が発売されて、はや一週間が経とうとしています。新人の処女作でありながら、ミニフェアを実施していただいている書店や、はやくもありがたいレビューをいただきはじめているなど、市場や読者の皆さんの反応を日々楽しんでいます。

そんな中「サイン本」という声が上がってきましたので『Gene Mapper -full build-』の出版を記念して、サイン会を開催することにしました。

場所は下北沢の〈本屋B&B〉、開催日時は連休明けの5月7日20:00から2時間となります。詳しくは以下の要項をご覧ください。

『Gene Mapper -full build-』サイン会&トークナイト @下北沢B&B

当日は〈マガジン航〉の発行人でもあり、文芸評論家の仲俣暁生さんをお招きして、デジタルボーンからの商業出版デビューと『Gene Mapper -full build-』の創作について語るトークナイトも併せて行います。左の写真のような創作ノート、そして執筆環境であるScrivenerを持ち込み、実際にどのような環境でGene Mapperからのフルビルドが行われたのかを皆さんにお見せいたします。

『Gene Mapper -full build-』はセルフ・パブリッシングされた「Gene Mapper(後日、Gene Mapper -core-と改題します)」のストーリーラインを元に大きく改稿した作品なのですが、そこで新たに登場したキャラクターや扱っている事件の背景を描いたチャート図、キャラクターの検討を行うために描いたキャラクターシートなどをお見せする予定です。

話のお相手をしていただく仲俣さんはSFにももちろん深い造詣を持ち、早川書房より出版されている飛浩隆さんの『グラン・ヴァカンス』の文庫解説も寄稿されているので、作品世界そのものに対する鋭い指摘も行われることでしょう。

まだ『Gene Mapper -full build-』をお持ちでない方も、本屋B&Bでお買い求めいただけます。有料のイベントではありますが、たっぷり2時間のトークナイトはGene Mapper世界だけでなく、電子書籍からの商業出版デビューの状況、そして編集者とのコラボレーションが自力で出版したセルフパブリッシングとどのように違ったのか、これからインディな作家のチャレンジはどのような方法が考えられるのかなど、様々な視点でお楽しみいただけることでしょう。

お時間があるかたは是非とも連休明けに下北沢に足をお運びください。