KDPの印税70%

日本でもようやくKDPの印税を70%にするオプションが稼働し始める。

個人的には使うことはないだろうが、使うならば他チャネルと絡めて使うと効果的だろう。

kdp

 

だが、これはAmazonに電書を独占配信させる「KDPセレクト」に登録したときの話だ。メリットを箇条書きにしてみよう。出版人はKDPセレクトに登録すると、他の電子書籍販売チャネルで販売できなくなるかわりに、登録期間の90日間を最長として、以下のメリットを受けられる。

  • Kindleユーザー限定レンタルサービスへの登録と分配金の受け取り
  • 90日のうち、5日の無料プロモーション実施
  • 日本、インド、ブラジルにおける70%ロイヤルティの獲得

独占させるデメリットの方も挙げてみよう。

  1. iBookstoreへ登録できない
  2. Google Playsへ登録できない
  3. パブー、BCCKS、ブログからのEPUB書き出しなどのサービスを利用できない

1.については、まだiBookstoreが日本でマーケットを開いていない現時点では考えても仕方がないので、開いた後のことを書いておこう。丁寧に告知を行えば、KDPの独占期間からiBookstoreでの公開までを、スムーズに繋ぐことが可能になるだろう。

iBookstoreの審査は長い。セルフ・パブリッシングでISBNがついてない書籍の場合、2週間は余裕でかかる。そして、レギュレーションに関する審査項目もなかなか厳しい指摘がやってくる。私の場合、表紙の中で模様のようにつかっていた英単語のスペルミスを指摘されたし、文中からのURLが公式サイトを示している部分で、競合するショップとして削除を求められた。そんなわけで、普通にやると、ひと月はかかるだろう。この期間をKDPセレクトに当ててしまえばいい。

そして、iBookstoreはKDPと異なり、審査が終わった後の公開日(そして価格変更のタイミング)をカレンダーで指定することができる。審査が終わっても即座に販売せず、Kindleでの動きが止まりそうな辺りを狙って、いいお日柄(これ、大事だよ)にKDPセレクトを停止し、iBookstoreでの同時販売キャンペーンを実施できる。iBookstoreのロイヤルティは70%なので、短期間の値下げを実施するのもありだろう。

2.のGoogle Playsだが、セルフ・パブリッシングが登録できそうな気がしないのでデメリットになりえない。

3.は深刻だ。KDPセレクトに登録するためにパブーやBCCKSでの販売を停止するのは……パブーやBCCKSの規約がそれを許容しているかどうか知らないが、持続的な方法ではないし、フェアな方法でもないだろう。

いずれにせよ、70%の魔法は90日で切れる。スタートブロックのようなものだ。旨く使えば発表前からSNSなどでプロモーションを実施し、購入準備のできた顧客を掻き集めておいて、レビューを投稿してもらったり、ブログのエントリーをたててもらったりするのには充分な期間だ。うまく立ち回れば2度ほどは山を作ることができるだろう。

私個人に関しては、次回作でもきっと使わないだろう。iBookstoreや公式サイト、そしてKoboイーブックストアでの補助的な販売力が、作品の公開時点で使えないのは合理的ではないからだ。

追記:私自身が使わないであろうことを、冒頭にも記載しました。

Kindeストアオープン記念キャンペーンを終えて

11月30日24:00、Kindle Direct Publishingのコントロールパネルで、Gene Mapper (ジーン・マッパー)のキャンペーン価格を通常価格に戻す設定を行いました。反映までどの程度時間がかかるかわからないのですが、10月26日から続いた長いキャンペーンは終了ということになります。

この期間に、いろいろなことが起こりました。なにより、本当に大勢の方々へKinlde、Kobo、そして公式サイトを通じてGene Mapperを届けることができました。技術的な問題でのKindleストア販売停止というアクシデントを挟みながら、日本では開いていませんがiBooks Storeでの販売、そして繁體中文版の販売も開始するなど、めまぐるしく状況が変わった一ヶ月となりました。

Kindle Direct PublishingなどのNDAに触れない範囲で成果を報告します。

販売部数

キャンペーン期間中の販売部数は3,500部、そして、この原稿を書いている段階での「Gene Mapper」総販売部数は5,512部となりました。セルフ・パブリッシングによる電子書籍販売が紙の書籍に匹敵する販売部数となったことは私にも大きな自信となりましたし、セルフ・パブリッシングを志す方々へも心強い傍証となったことでしょう。

この販売部数を多いと捉えるか、少ないと捉えるか、人によって大きく見方は異なるでしょうが、私にとっては、小説を書き続けよう、セルフ・パブリッシングも続けようというモチベーションを得るのに充分な頒布数です。

お買い上げいただいた皆様、本当にありがとうございました。

収支が気になる方も多いでしょうが、専業の作家・出版人でない私は、得られた売上のほとんど全てを制作のために用いています。中国語版は無事に出版できましたが、現在仕掛かり中の英語版(素晴らしいものになりそうです)そして次回作の発表の際に「プロの校正マン」へ依頼するための原資となりますので、セルフ・パブリッシングだけで生活ができるようになるのは、まだまだ先の話になりそうです。

Kindle本ベストセラーランキング

期間中のKindle本でのランキングをプロットしました。38日間の販売期間の間、実に30日の間、Kindle本ベストセラーのベストテンに残り続けたことになります。11月の中旬からはコミックがこのベストセラーから外れたため、途中で意味合いは変わってしまいますが、このような高い順位を保てたことで、いくつもの教訓が得られました。

Amazonのベストセラーランキングが、ランキングの強い固定効果を持っていることを再認識しました。Kindle書籍はAmazonのマーケットで買うしかなく、そこでの露出度が販売部数に直結します。ベストセラーランキングは24時間の集計なので、新たな書籍が入ってくることはそれほど難しくありません……と言いたいところですが、Kindle読者が今の10倍、100倍になってくるとそうも言ってられないことでしょう。現状では三桁も売れば見えやすいところには確実に登場できますが、来月や来年になってもそのような状況であり続けるかどうか、わからないところです。

しかし、この期間にもう一つのKDP発の書籍「Kindle自費出版ガイド 米アマゾンの先例から学ぶ電子書籍の作り方」がベストテンにランキングされていたことは記憶に止めておきたいものです。日本のKindleストアが開始した記念すべき月に、2冊のKDP発、デジタル・ファーストの書籍が一ヶ月近くもベストテンを占有していたことは、著述を業とする方々へ大きな福音となったのではないでしょうか。その一翼を担わせてもらったことを光栄に思います。

期間中に頂いた紹介

一ヶ月の間に、本当に多くの方々にGene Mapperをご紹介いただきました。全てを紹介することはできませんが、ここでいくつかを紹介したいと思います。

BLOGOS:電子書籍が切り開く個人出版の新たな地平~『Gene Mapper』作者・藤井太洋氏インタビュー~

Bookbery:「Gene Mapper」藤井太洋氏インタビュー

Markethack:ベストセラーのキンドル本「Gene Mapper」が乗っ取られた!? 現実はSF小説よりも奇なり

Togetter: Kindle本って売れてるの? 「Gene Mapper」の藤井太洋先生に聞く

にょきにょきブログ:Gene Mapper(ジーン・マッパー)

キンドる速報:遺伝子SF小説『Gene Mapper』食の安全に警鐘を鳴らす

Stella Grafica:個人で執筆、企画、執筆・編集、制作も。電子書籍「Gene Mapper」に注目!

Gadget Flavor: 近未来SF小説 Gene Mapper が超面白い

まだまだ、数えきれないぐらいのレビュー、そして紹介を頂いています。ありがとうございました。

マーケティング

「どうやったのか?」と多くの方々に聞かれますが、難しい質問です。エゴサーチして、RTし、返信する。リスティング広告とAdWordsも実施するなど、一般的なソーシャル・マーケティングを地道に続けていたというのがその答えとなるでしょうか……みんなこの答えを聞くと「そうじゃなくて」と言う顔をします。

逆に、やらなかったことを紹介しましょう。7月にGene Mapperのセルフ・パブリッシングを始めたときに、自らに課した禁止事項です。

  • フェイク・レビューをしない、依頼しない
  • 自己資本による買い入れ、対価を提供した購入依頼をしない
  • 他者を中傷しない
  • 非公式RTをしない
私は、状況が許す限り、小説を書き、セルフ・パブリッシングを続けていきたいと考えています。その第一歩であるGene Mapperがハイサイド・フォーキャストを大きく超えて広まってしまったため戸惑うところもありますが、継続性を保つために、上に挙げた活動は必須だと考えました。
多くのプラットフォーマーが「法を守る」というときに基準とする米国で、商品の推薦に関するガイドラインが2009年に勧告され、商品の推薦が信頼性を保つために、推薦者と商品関係者の関係を明らかにすること。ましてや金銭の授受を伴う推薦に依ってミスリードするなど問題外である、と規定されています。プラットフォーマーが、その信頼性を損なう行為に対して非情な態度で臨むことにお墨付きを与えているわけです。
つまり「きれいごと」ではなく、上記の行為は出版に用いるアカウントの削除に繋がる行為なのです。フェイク・レビューや自己買い入れは、場を提供しているプラットフォーマーの信頼性を損ないます。そんな危険な場所で火遊びができるほど、私は向こう見ずではありません。

これから

中国語版の発行に続く外国語版のGene Mapperは、英語版となります。毎週のように送られてくるファースト・ドラフトを読んでいるのですが、これが面白い。よい翻訳者に出会えました。中国語版もそうですが、翻訳を通すことで少しずつ異なったGene Mapperが世に出てくることがとても楽しみです。

Kindleストアでの販売前から準備は進めていたのですが、私の次の新作は、セルフ・パブリッシングではなく雑誌がその舞台となります。12月25日に発売される早川書房「SFマガジン2013年2月号」に、Gene Mapper世界と関係のある新作の書き下ろし短編が掲載されることが決定しました。

そして、もう一つ……これは情報公開いつなんだ……。決まったらエントリーを改めて紹介いたします。

セルフ・パブリッシングによる次回作「Orbital Cloud」は少しお待たせしてしまうことになりましたが、プロフェッショナルの編集者と行う執筆が、経験の乏しい私の筆力を鍛え上げてくれていることを実感しています。

筆力が販売数と直結するとか、技術が向上すれば面白くなると考えるほどナイーブではありませんが、読んでいただく方々へアイディアを届ける技術は、作品の完成度を高めます。「Orbital Cloud」は相変わらず通勤電車でiPhoneを使って書いていますが、数ヶ月前よりも確実に面白く育っています。公開時期はまだ発表できませんが、ご期待ください。