WebサイトにEPUB 3を表示する

スクリーンショット 2013-06-21 12.33.36昨日、WebブラウザーでEPUB 3を表示し、エンベッドできるBiB/i(ビビ)が公開されたので、早速Gene Mapperの無料プレビューもBiB/iに切り替えることにした。

iBookstore用に作成したPreview用のEPUBがそのまま表示できているのはちょっと感動的だ。

EPUBはAmazonのKindle Direct PublishingiBookstore、そしてKobo Writing Lifeなど、セルフ・パブリッシングを持つ多くのチャネルで利用されている最もメジャーなフォーマットだ。

プロプライエイトなビュワーとビルダーしかないが“オープン”なXMDFというフォーマットもあるらしいのだが、個人出版人にはほとんど関係がない。

EPUBはWebブラウザーに親和性の高いHTMLやCSSを用いているため、多くのEPUBリーダー(電子書籍リーダー)やアプリはWebKitに代表されるWebブラウザーエンジンを用いて表示している。だが、このファイルをWebサイトに埋め込むのが難しかった。

特にEPUB 3で拡張された日本語の縦書きを表現するには、iOSやAndroidで動作しないAdobe AIRを用いたAIR草紙がほぼ唯一の方法だった。

Webサイトへのエンベッドを用いた「立ち読み」は、知名度と信頼度において大きくメジャー出版社から水をあけられている個人出版人にとって、とても重要なプロモーション手段だ。KindleやiBookstore、Koboなどのチャネルでも「サンプル」のダウンロードで「立ち読み」に相当するプロモーションはできるものの、それはチャネルが用意した購買動線の支流のひとつでしかない。

この状況がBiB/iで変わる。

JavascriptベースのBiB/iはPHPなどのサーバーサイドプログラムを一切必要とせず、Webサーバーのディレクトリにフォルダを配置するだけで利用できるし、ローカルでも動作確認することが出来る。そんな現代的な設計が素晴らしい。

表現力も十分だ。WebKitを用いるChromeとSafari(そしてOpera)ならば、EPUB 3を多くの電子書籍リーダーと同程度のレイアウトで表現することができるだろう。

BiB/iは修正MITライセンスであるため、著作者表記を適正に行えば改変したプログラムを再配布しても、自分のサービスに組み込むこともできる。Githubのレポジトリももちろん用意されている。

開発してくれた松島智さんに感謝!

Amazonのプライスマッチング

昨日より、iBookstore公開記念キャンペーンを始め、公式サイトのGumroadとiBookstoreでは300円の特別価格で販売を始めたのだが、Amazon Kindle書籍でも値下げが実施された。

Screen Shot 2013-03-07 at 23.00.03

 

なんと285円!私が公開記念キャンペーンで設定した価格を見事にくぐっている。これがAmazonのプライスマッチングだ。セルフ・パブリッシング活動しようとしている人もそうだが、これで作者への配分がどうなってしまうのか、読者も気になることだろう。

Amazonのプライスマッチングは、ロイヤルティを何パーセントで契約しているかによって、以下のように異なるルールで支払われる。

35%で契約している場合:設定価格の35%

70%で契約している場合:(販売価格ー配信手数料ー販売地域の税)の70%

日本で70%のロイヤルティを取得するにはAmazonの独占販売を要求するKDP Selectを契約しなければならないので、ほとんどの場合問題にはならないだろう。Gene Mapperも公式サイトやiBookstore、そしてKoboイーブックストアなどの他のチャネルで販売しているので35%契約だ。そして、私が受け取るであろうロイヤルティは、Amazonがいくらで販売しようが、私が設定している価格の35%で変わることはない。

プライスマッチングで気をつけなければならないのは、無料キャンペーンだろう。日本で書籍を販売できるセルフ・パブリッシングチャネルはそう多くないが、Amazonは他のチャネルで無料キャンペーンを実施している間、KDPに登録されている書籍を無料で配布する権限を持つ。もちろん、ロイヤルティは支払われない。

Amazonのプライスマッチングがどの程度のチャネルを監視しているのか知らないが、iBookstoreやKoboは対象になっていると考えておいた方がいい。

予期せぬ特価が始まってしまったが、私の懐は全く痛まないので、まだ手に取ったことのない方は気兼ねなくiBookstoreでも、Amaozonでも、手に取りやすい環境でGene Mapperをご覧いただけると嬉しく思う。