WebサイトにEPUB 3を表示する

スクリーンショット 2013-06-21 12.33.36昨日、WebブラウザーでEPUB 3を表示し、エンベッドできるBiB/i(ビビ)が公開されたので、早速Gene Mapperの無料プレビューもBiB/iに切り替えることにした。

iBookstore用に作成したPreview用のEPUBがそのまま表示できているのはちょっと感動的だ。

EPUBはAmazonのKindle Direct PublishingiBookstore、そしてKobo Writing Lifeなど、セルフ・パブリッシングを持つ多くのチャネルで利用されている最もメジャーなフォーマットだ。

プロプライエイトなビュワーとビルダーしかないが“オープン”なXMDFというフォーマットもあるらしいのだが、個人出版人にはほとんど関係がない。

EPUBはWebブラウザーに親和性の高いHTMLやCSSを用いているため、多くのEPUBリーダー(電子書籍リーダー)やアプリはWebKitに代表されるWebブラウザーエンジンを用いて表示している。だが、このファイルをWebサイトに埋め込むのが難しかった。

特にEPUB 3で拡張された日本語の縦書きを表現するには、iOSやAndroidで動作しないAdobe AIRを用いたAIR草紙がほぼ唯一の方法だった。

Webサイトへのエンベッドを用いた「立ち読み」は、知名度と信頼度において大きくメジャー出版社から水をあけられている個人出版人にとって、とても重要なプロモーション手段だ。KindleやiBookstore、Koboなどのチャネルでも「サンプル」のダウンロードで「立ち読み」に相当するプロモーションはできるものの、それはチャネルが用意した購買動線の支流のひとつでしかない。

この状況がBiB/iで変わる。

JavascriptベースのBiB/iはPHPなどのサーバーサイドプログラムを一切必要とせず、Webサーバーのディレクトリにフォルダを配置するだけで利用できるし、ローカルでも動作確認することが出来る。そんな現代的な設計が素晴らしい。

表現力も十分だ。WebKitを用いるChromeとSafari(そしてOpera)ならば、EPUB 3を多くの電子書籍リーダーと同程度のレイアウトで表現することができるだろう。

BiB/iは修正MITライセンスであるため、著作者表記を適正に行えば改変したプログラムを再配布しても、自分のサービスに組み込むこともできる。Githubのレポジトリももちろん用意されている。

開発してくれた松島智さんに感謝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です