KDPの印税70%

日本でもようやくKDPの印税を70%にするオプションが稼働し始める。

個人的には使うことはないだろうが、使うならば他チャネルと絡めて使うと効果的だろう。

kdp

 

だが、これはAmazonに電書を独占配信させる「KDPセレクト」に登録したときの話だ。メリットを箇条書きにしてみよう。出版人はKDPセレクトに登録すると、他の電子書籍販売チャネルで販売できなくなるかわりに、登録期間の90日間を最長として、以下のメリットを受けられる。

  • Kindleユーザー限定レンタルサービスへの登録と分配金の受け取り
  • 90日のうち、5日の無料プロモーション実施
  • 日本、インド、ブラジルにおける70%ロイヤルティの獲得

独占させるデメリットの方も挙げてみよう。

  1. iBookstoreへ登録できない
  2. Google Playsへ登録できない
  3. パブー、BCCKS、ブログからのEPUB書き出しなどのサービスを利用できない

1.については、まだiBookstoreが日本でマーケットを開いていない現時点では考えても仕方がないので、開いた後のことを書いておこう。丁寧に告知を行えば、KDPの独占期間からiBookstoreでの公開までを、スムーズに繋ぐことが可能になるだろう。

iBookstoreの審査は長い。セルフ・パブリッシングでISBNがついてない書籍の場合、2週間は余裕でかかる。そして、レギュレーションに関する審査項目もなかなか厳しい指摘がやってくる。私の場合、表紙の中で模様のようにつかっていた英単語のスペルミスを指摘されたし、文中からのURLが公式サイトを示している部分で、競合するショップとして削除を求められた。そんなわけで、普通にやると、ひと月はかかるだろう。この期間をKDPセレクトに当ててしまえばいい。

そして、iBookstoreはKDPと異なり、審査が終わった後の公開日(そして価格変更のタイミング)をカレンダーで指定することができる。審査が終わっても即座に販売せず、Kindleでの動きが止まりそうな辺りを狙って、いいお日柄(これ、大事だよ)にKDPセレクトを停止し、iBookstoreでの同時販売キャンペーンを実施できる。iBookstoreのロイヤルティは70%なので、短期間の値下げを実施するのもありだろう。

2.のGoogle Playsだが、セルフ・パブリッシングが登録できそうな気がしないのでデメリットになりえない。

3.は深刻だ。KDPセレクトに登録するためにパブーやBCCKSでの販売を停止するのは……パブーやBCCKSの規約がそれを許容しているかどうか知らないが、持続的な方法ではないし、フェアな方法でもないだろう。

いずれにせよ、70%の魔法は90日で切れる。スタートブロックのようなものだ。旨く使えば発表前からSNSなどでプロモーションを実施し、購入準備のできた顧客を掻き集めておいて、レビューを投稿してもらったり、ブログのエントリーをたててもらったりするのには充分な期間だ。うまく立ち回れば2度ほどは山を作ることができるだろう。

私個人に関しては、次回作でもきっと使わないだろう。iBookstoreや公式サイト、そしてKoboイーブックストアでの補助的な販売力が、作品の公開時点で使えないのは合理的ではないからだ。

追記:私自身が使わないであろうことを、冒頭にも記載しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です